活動情報

【ヒタチノクニ風土記 関連ワークショップ】はじめてのコンタクト・インプロビゼーション(CI) 体験ワークショップ

【日程】2024年7月1日(月)
【会場】百景社アトリエ(土浦市真鍋3-10-18)

※ワークショップは、「ヒタチノクニ風土記 土浦虫掛篇」の翌日に行います。会場も異なりますのでご注意ください。

「ヒタチノクニ風土記 土浦虫掛家開き篇」関連企画として、上本竜平(AAPA)によるワークショップを開催!この機会にコンタクト・インプロビゼーションを体験してみませんか。

【コンタクト・インプロビゼーションって? 他者と出会う、からだの対話】
コンタクト・インプロビゼーション(CI)は1970年代にアメリカで始まり、現在は世界中で親しまれているダンスです。
人とからだをあわせ、ともに動きながら、その場で生まれる流れに身を任せることで、即興的に動いていきます。
人に触れ、からだに意識をむけることから始まるこのダンスは、ダンス経験の有無に関わらず、 多様な参加者が一緒に取り組める、ということも魅力の一つです。

【今回のワークショップは、こんな人におすすめ!】
・からだとあたまをほぐしたい方
・「からだのコミュニケーション」に興味がある方
・ダンスや演劇など、身体表現に興味のある方
・新しい刺激や出会いが欲しい方


【昼の回】
時間:11:00開始、12:00終了(約1時間 予定)
料金:1,500円(小学生以下無料)

初心者歓迎!ダンスや演劇は未経験の方、最近からだを動かしていないなという方も大丈夫。
一緒にからだに意識を向ける体験をしてみませんか。
昼の回は、小さなお子さま連れの方もご参加いただけます。

【夜の回】
時間:19:30開始、21:00終了 (約1時間30分 予定)
料金:2,000円

じっくり時間をとって、あたまとからだを動かす夜の回。
ダンスや演劇の経験が無くても大丈夫です!
会場で着替えられますので、お仕事帰りの方も是非!


【申し込み方法】
こちらのフォームから、必要事項を入力してお申し込みください。
[はじめてのコンタクト・インプロビゼーション体験ワークショップ 申し込みフォーム]

お申し込み〆切:2024年6月30日(日)16時

【注意事項】
・申し込み多数となった場合は、早めに締め切らせていただく可能性がございます。
・各回、申し込みが3名に満たない場合は、開催を中止させていただきます。実施の有無については、申込み〆切後にメールにてご連絡いたします。


【ワークショップではどんなことをやるの?】
今回のワークショップでは、ゆっくりと呼吸に意識を向けてからだを動かしたり、動きながらお互いのからだをほぐしあったり、目を閉じて相手の動きについていく/サポートすることを試したりします。そして少し慣れてきたら、からだの色んな場所をあわせたりしながら『人とからだをあわせながら一緒に踊ること』を皆で試し、それぞれができる形を探して広げていきます。

繊細な感覚に静かに意識を集中したり、
子どもの頃のように全身で遊ぶ感覚を思い出したり、
人と触れ合いながら動いていく中で、その時その時に起きていることに夢中になっているうちに、気がつけば踊っていた。そんなこともあるかもしれません。

普段は忘れがちな『からだを感じること』や、『動かされながら動いていくこと』を、まずは楽しんでもらえたらと思います。ダンスなんて踊れないな、ダンスを踊らなきゃ、と肩肘はることなく、ぜひ好奇心をもって一度、体験してみてもらえたら嬉しいです。


■講師プロフィール:  上本竜平(うえもと りゅうへい)
1980年生まれ。大学在学中にダンスを始め、コンテンポラリーダンスとコンタクト・インプロビゼーション(CI)に触れる。2004年にAAPA(アアパ/ Away At Performing Arts)を立ち上げ、これまでに劇場外での公演、東京(北千住)に2013年に構えた「日の出町団地スタジオ」での定期クラス、国内外でCIのワークショップを行う。2017-18年に中国、2019年にタイのCIフェスティバルに招聘を受け講師をし、近年は静岡市、千葉県いすみ市などでも定期的にCIを教えている。
2021年度より百景社アトリエレジデンス・アーティスト。
https://www.aapa.jp/


【お問い合わせ】
一般社団法人百景社
info@hyakkeisya.org
http://www.hyakkeisya.org/

    To List     Next Article >