百景社とは

百景社

2000年旗揚げ。茨城県にて活動を始める。シェイクスピアなどの古典作品や文学作品を様々な角度から読み直し、現代にも通じる新たな景色を創造することを目指すという思いから劇団「百景社」となる。茨城県内での活動の他に国内各地、時には海外での公演活動も行っている。2013年、茨城県土浦市に専用のアトリエを構え、自身の作品の創作、発表だけでなく、他地域の団体を招聘するなど「場」の運営も行なう。
代表的な作品としては、シェイクスピア「ロミオとジュリエット」「マクベス」、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」、T・ウィリアムズ「ガラスの動物園」、E・オニール「喪服の似合うエレクトラ」、A・カミュ「誤解」などがある。
利賀演劇人コンクール2009にて演出の志賀亮史が優秀演劇人賞(演出)受賞。

MEMBER

志賀亮史(演出)
山本晃子(俳優)
鬼頭愛(俳優)
根岸佳奈子(制作)
※2022年4月現在

団体概要

団体名 一般社団法人百景社
設立 2022年4月28日
所在地 〒300-0051 茨城県土浦市真鍋3-10-18
TEL:029-896-3099
代表理事 志賀亮史
沿革

2000年 茨城県つくば市にて旗揚げ
2013年 茨城県土浦市に専用のアトリエを構え、拠点とする
2022年 一般社団法人百景社設立