百景社紹介

写真

2000年、演出家・志賀亮史を中心に結成。茨城県つくば市を拠点に活動を始める。
演劇は「場」の芸術であるという理念のもと、活動当初より野外公演や田んぼでの公演、石組の元米備蓄倉庫など、既成の劇場空間に留まらない公演活動を展開、演劇の新たな可能性を追求している。
茨城県内での活動のみでなく、国内各地での公演活動も行っている。2009年、イヨネスコ作『授業』で、志賀亮史が利賀演劇人コンクール2009優秀演劇人賞(演出)、村上厚二が優秀演劇人賞(俳優)を受賞。2011年には、「第18回BeSeTo演劇祭」(中国)に参加、初の海外公演を行う。
2013年、茨城県土浦市にアトリエを構え、新たな拠点とする。

▲このページの先頭へ