百景社アトリエ祭2017-2018
まちなかコラボ企画 土浦まちなかリーディングin霞月楼
久保庭尚子『香爐を盗む』


土浦まちなかリーディングin霞月楼
久保庭尚子『香爐を盗む』


「土浦まちなかリーディング」は土浦の特色あるお店や名所等を会場にして、リーディング(朗読)を楽しむ企画です。今回は、120年以上の歴史をもつ料亭「霞月楼」にて、お食事を楽しんだ後でリーディングを聞いていただきます。かすみがうら市出身の俳優・久保庭尚子が、室生犀星の「香爐を盗む」を朗読します。


(左)百景社アトリエ祭 太宰治作品集 朗読劇『おさん』より
(右)料亭 霞月楼「玉梓」(内容は月替わりのため実際のお料理とは異なります)

日時 2月18日(日) 13:00〜
*受付開始・開場12:45、お食事開始13:00、終了予定15:00
会場 料亭 霞月楼(土浦市中央1丁目5−7)
作品 室生犀星「香爐を盗む(こうろをぬすむ)」
出演 久保庭尚子
料金 4,500円(お食事+リーディング)
※事前清算のみ。当日券の販売はありません。
取扱い チケット購入フォーム(カード/コンビニ払い)はこちら
*クレジットカードまたはセブンイレブンにてお支払い、セブンイレブン発券となります。発券手数料をご負担ください。

チケット購入フォーム(銀行振込)はこちら
*銀行振込にてお支払い、チケットは郵送でお届けとなります。

※土浦まちなかリーディングは専用チケットをご購入ください。セット券などは使えません。
※入金後のキャンセルは原則受け付けておりません。
※ご質問などありましたら百景社(info@hyakkeisya.org)までご連絡ください。



久保庭尚子(茨城)
茨城県かすみがうら市出身。1990年に水戸芸術館専属劇団ACMに第一期メンバーとして入団、中心俳優として数多くの舞台に出演。1996年、鈴木忠志の主宰する劇団SCOTに移籍。2008年の退団まで俳優としてほぼ全ての作品で主要な役を務める傍ら、演出助手として若い俳優たちの指導にあたる。SCOT退団後は、地元茨城に戻り、東京・茨城を中心に活動。舞台に出演する傍ら、演出や舞台制作を手がけたり、ワークショップを行ったりと広く演劇活動を展開している。

料亭 霞月楼
明治22年創業、ツェッペリン伯爵やリンドバーグ夫妻、山本五十六、吉田茂も訪れた老舗料亭。120年以上の長い歴史を感じさせる資料等も多く残されている。また、美しい庭園も大きな魅力のひとつである。
霞月楼ウェブサイト



<<一覧へ戻る