AAPA『触れる』

AAPA『触れる』

ガイド・実演:上本竜平、永井美里


AAPA『終わりの予兆』

【作品紹介】
「これからの時代、からだで触れる必要がないなら、集まらないでいい」
そんな声も、現実味があると感じます。

なのでまずは、「触れる」ことから生まれる即興ダンス(コンタクト・インプロビゼーション)についてのみ、観てもらう時間をつくろうと思います。

来場される方は、直接は触れない安心できる距離を保っていても、あえて集まること自体が「触れる」感覚につながっています。どこが今、触れているのか。人によって、時によって変わることに、あらためて目を向けることから、始めます。




日程 7月4日(土)18:00 上演時間:50分(予定)
会場 百景社アトリエ(土浦市真鍋3-10-18)
上演形式 アトリエ内でご覧いただきます。
定員 12~15名程度。
料金 1,000円
予約方法 この公演は完全予約制です。
こちらのページからご購入ください


AAPA (アアパ / Away At Performing Arts)(千葉)
2004 年に「日常と舞台を地続きに見せるプロジェクト」として活動開始。様々な場所でダンス作品の創作・上演を行う。 2013年、からだへの気づきを軸にダンスクラスを行う「日の出町団地スタジオ」を北千住にオープン。近年はコンタクト・インプロビゼーション(CI)の国際フェスティバル等から招聘を受け、マレーシア、 中国 、タイでもワークショップを実施。
AAPAホームページ


<<情報一覧へ戻る