theater apartment complex libido:『libido:AESOP 0.1』

theater apartment complex libido:
『libido:AESOP 0.1』


原本:イソップ
演出:岩澤哲野
出演:大橋悠太、緒方壮哉
スタッフ:大蔵麻月


左:「libido:青い鳥」、右:libido:メンバー

【作品紹介】
やっぱり演劇は“LIVE”じゃなきゃダメだと思うんです。自粛の2ヶ月間、ずっとその“LIVE”ってことを考えさせられていました。 "LIVE"って「生」という意味において"演劇"と深い親和性があると思うんですが、それ以外にも「住む」とか「暮らす」って意味もあって、僕にとって"演劇"ってそういうものでありたいなと強く思います。
あと、同じく自粛の2ヶ月で、劇場って、僕らのような演劇人がいる前に、まずはお客さんが"そこ"にいて欲しいなと思ったりしていました。お客さんが"そこ"にいるから"そこ"が劇場になるんだと信じていたいんです。
世界中にその影を残す寓話作家の元祖・イソップ(アイソーポス/AESOP)ですが、今回はその彼が残したとされる『イソップ寓話集』から3つの話を軸にこの2ヶ月で感じたことを素直に表現してみたいと思います。
また、こんな時だからこそ”libido:が”できることを考えてやってみようと思っています。




日程 6月27日(土)18:00/6月28日(日)13:00 ※百景社との連続上演です
上演時間:30分(予定)
会場 百景社アトリエ(土浦市真鍋3-10-18)
上演形式 百景社アトリエ内にて、舞台と客席の間にビニール幕を張って上演。
座席数 各回12人~15人程度
料金 1,000円(百景社『駈込み訴え』とあわせて2作品での料金です)
予約方法 この公演は完全予約制です。
6月20日(土)からこちらのページで予約受付を開始します。


theater apartment complex libido:(千葉)
岩澤哲野、大蔵麻月、大橋悠太、緒方壮哉、鈴木正也による演劇の拠り所。 これまで岩澤個人名義のプロデュースユニットであった「libido:」を2019年4月30日より集団化。 「theater apartment complex」という冠を表し、千葉県松戸市常盤平・八柱地区を拠点に、社会における演劇の価値の発見と、その為の新たな表現、コミュニティの創造を主とした活動を行っている。
theater apartment complex libido:ホームページ


<<情報一覧へ戻る