百景社公演 『岸田國士戯曲百景』②配役


『岸田國士戯曲百景』
②「かんしゃく玉」「屋上庭園」「医術の進歩」
  [上演時間] 約110分


「かんしゃく玉」
アパートメントに暮らす一組の男女。二人はムシャクシャすると“かんしゃく玉”を鳴らしてストレスを解消していた。男は仕事を探しているが、いい口が見つからずにいる。ある日、次々と知人たちが訪ねてきて――

村上厚二
彼女 玉越香菜子
隣の女 小川敦子
多田 国末武
小森 鬼頭愛
阿部 仲谷智邦
星善之

「屋上庭園」
学生時代友達だった並木と三輪が、それぞれ妻を連れてデパートで出くわした。三輪は裕福な紳士、並木は貧乏なサラリーマンといった風である。彼らは久しぶりの再会を喜び、デパートの屋上庭園で話を始めるが――

並木 村上厚二
並木の妻 玉越香菜子
三輪 栗山辰徳
三輪の妻 山本晃子
大村侯爵の息子 仲谷智邦
大村侯爵の息子の妻 鬼頭愛
星善之
国末武

「医術の進歩」
画期的な炊事手袋の開発によって一代で財を成した榊卯一郎は、近頃体の調子が悪く、床に就いている。何人かの医者を呼んだが、病名がはっきりせず、不安と医者への不満を抱えている。そこで、ちょっと変わった医者・津幡を呼んでみると、津幡は医者についての独特の持論を唱える。その説に感銘を受けた卯一郎は――

榊 卯一郎(新案炊事手袋製造業) 栗山辰徳
榊 とま子(卯一郎の妻) 山本晃子
今田末子(親戚の女) 小川敦子
津幡 直(医師) 仲谷智邦
乙竹外雄(外交員 ※営業社員) 星善之
松原延蔵(医師) 鬼頭愛
きぬ(女中) 国末武
村上厚二
玉越香菜子

「岸田國士戯曲百景」(2018)より

他の演目の配役は以下のページをご覧ください。
①「驟雨」「葉桜」はこちら>>
③「麺麭屋文六の思案」「遂に「知らん」文六」はこちら>>

<<公演情報へ戻る